10月31日代々木でASEANの言葉を学ぶ


2011年10月31日 13:30-17:00

国立オリンピックセンタ国際青年記念センター 新宿駅から 参宮橋駅を経て 徒歩で約20分

13:00-15:15  large Hall  : Opening Ceremony permances

15:00- 17:00  International Exchange Building

参加者 約400人ぐらい ASAN+japan

ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア

ミヤンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム

題 日本・ASEAN 文化交流プログラム

平成23年度「東南アジア青年の船」事業 題38回

日本・ASEANユースリーダーズサミット

パフォーマンスで各国の踊りがなかなかたのしかった。

各国の展示会場で カンボジア語、インドネシア語、ビルマ語

ベトナム語、タイ語を話してみた。

話せたのは挨拶だけ、それも何度も言ってわかってもらった。

話が通じたので、たのしかった。

ブルネイはマレー語(ブルネイ・マレー語)が公用語

語であるが、アラビア文字表記もあるので

さっそく 名前を アラビア文字で書いてもらった

ラオス の お祭り

カテゴリー: インドネシア語 indoneshia, カンボジア語 ភាសាខ្មែរ, タイ語 ภาษาไทย, タミル語 தமிழ், ビルマ語 ဗမာ, ベトナム語 Việt nam, ラオス語 ພາສາລາວ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中